Img_5fcfbe078fdff1c117b5c6bb993177c9
思わず購入(^^;
なるほど~。食べやすい大きさ!
ご近所の向日葵。
少し葉が枯れてきているけど
ずっと頑張っています。
向日葵界のご長寿さんかな。

真夏の向日葵はウキウキ感あるけど
寂しげに見えてしまいます。

向日葵を寂しげに見えるとは!!
...やはり、季節感ってありますね。



Img_2a5b0c85a83fe27581ea8066f31744e3
Img_0784705f127fe140e6de515a4068a217
今日から公開。
思い立って、レイトショーを観てきました。

これから観る予定の方もいらっしゃるので
詳細は控えますね。

色々、色々想うところがありました。
一人で一番後ろの端っこで
良い時間が流れました。


最近、TVで酢納豆で血圧が下がる、、、など、注目されていますね。
ただ、大豆製品の摂り過ぎ=イソフラボン過剰に注意が必要だと思います。

大豆イソフラボンの1日摂取量は上限値70~75mgと言われています。
わかりやすく、食品でいうと...

・納豆1パック(約40g)⇒約35mg
・豆腐1丁(約300g)⇒約80mg
・豆乳200g⇒約40mg
・きな粉大さじ1杯(約6g)⇒約9mg
・みそ20g⇒約6mg
・醤油6g⇒約1mg

・・・こんな感じです。意外とオーバーしやすい量なんです。

この他に大豆製品って、例えば油揚げや厚揚げや煮豆など
結構食しているかも。

写真のお菓子も「イソフラボン25mg」と書いていますよ
知らず知らずに食べているかも~^^


更年期だからといってイソフラボンのサプリメントなんかを
適当に摂取していると過剰になってしまいます。

過剰になると逆に女性内膜増殖症や月経周期が乱れたり
生殖器官に異常をきたす、、、と動物実験で実証されているようです。

ちょっとのオーバーは問題ないですが
健康に良いからと、極端な摂り過ぎはやめましょうね。


ちなみに
イソフラボンって何?
(メディカルハーブの授業のようですが(^^ゞ)
主に大豆の胚芽に多く含まれている色素(フラボノイド)の一種です。
フラボノイド=ポリフェノールの一種です。

植物の力ってほんとにすごい。。。
長くなるので、今日はこの辺で_(._.)_












Img_29bfdd49ea95afa33d1ea53b0b684bd1
中学生の頃、大好きだった陸奥A子先生。。
何故か、いつもビビッ、、、と偶然見つけます。
ほんとに不思議。嬉しい不思議です。

なんと、最後の書き下ろしマンガが掲載されていました。
これからは、デザインの仕事をやっていくそうです。

この本は宝物になりそうです。
中を見ると、はっきり昔を思い出します。

中学生の頃の事は割と鮮明に記憶が蘇ります。
。。。最近の事は、あっという間に忘れてしまう、、、



これが老化です( ;∀;)


Img_8eecc288b1c35c041e1cfe6cd4871751
Img_37535af0571645af7ed33f15d285df0a